読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kisshilish : きっしー的な

僕「らしさ」を拡げたい。かつスタイリッシュに。

友人を見送ってきました。


さて、何から話そうか。



実はこのたび、高校時代のある友人に不幸が起こりました。


たまたま休みが合って帰省することができ、そして本日、友人を見送ってきました。




正直…


参列した他の友人達に比べたら、僕なんか彼との交友関係は本当に浅かったと思う。





高3の1年間、同じクラスだっただけ。

席が近くて、ちょいちょい話してただけ。

性格のいいイケメンだった。

まぁ普通に友人だった。

まぶしい存在だった。





「でも彼の中では、僕はちゃんと友人だっただろうか?」

ちょっと自信なかった。

今日だって僕が見送りに参加しても場違いじゃないかってちょっと思ってた。





でも、思いがけないことがあった。


最後に式場で流れたスライドショー…

彼の生い立ちを撮ったもので、その中に、高校の卒業式の写真があった。











僕が写ってた。

僕も、写ってた。


クラスメイト7、8人で、一緒に撮った写真。













あぁ






あぁぁ












ありが















ありがとう。










自信持って友達だわ。


だから見送りにきたよ。



君のいた高校生活は楽しかった。


忘れんよ。